« 世界一!?足立美術館のお庭! | Main | 大きい秋見つけた!? »

September 09, 2005

重陽の節句で不老長寿!?

wakasahamagiku

今日は9月9日、重陽の節句だ。 菊を見ながら長寿を祈る節句で、中国では、菊の花を浮かべたお酒を飲むと寿命が伸びると信じられており、それが日本に伝わって、平安時代より不老長寿を願う行事となりました。また、この日は秋の収穫祭でもあり、御神酒に菊の花を添え、稲や栗などを供えて、神に感謝を捧げて無病息災を祈ったそうです。

でも、五節句の中では一番メジャーではない節句のような気がします。節句はもとは「節供」と書き、江戸時代は年に5回公式に法制化された式日(現在の祝日みたいなもの)でした。この5日を「五節供」と言い、現在も重要な年中行事となっています。
五節句とは1月7日の七草の節句、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、そして9月9日の重陽の節句です。

昔、中国では奇数を陽、偶数を陰の数としていました。なかでも、9は一番大きい陽の数ですから、9の重なる今日は1年の中で一番おめでたい日になるのです。これが、日本に伝わって、菊花の宴として、宮中で例年開かれ、次第に一般化し、長寿の効き目があるという菊の花を浮かべたお酒を飲む風習がありましたが、明治以降はこの風習もすたれ、現在では菊の品評会が催されるくらいになってしまいました。

一応今日は9月9日ではあるのですが、残暑も厳しく、我が家の庭の菊の花はかた~い蕾で、節句の雰囲気ではありません。本来旧暦で数えているので、本当の重陽の節句は10月11日になりますから、元気で長生きしたい方はそのときに菊の花を愛でながら、菊酒を飲むと良いかもしれませんね。

写真はハマギクです。

|

« 世界一!?足立美術館のお庭! | Main | 大きい秋見つけた!? »

Comments

重陽の節句が今日というのを初めて知りました。また、五節句なるもののあることも、初めて・・・・・。昔の人は季節を大切にして、生活していたんですね。数はひ(1)から始まりと(10)で完成です。ですから、人間はひとと言い、完成された一つの姿だと考えられていたようです。と(10)が完成された数字のため、それに近いや(8)、ここのつ(9)はより完成度の高い数字だったようです。数字をこのような観点で見ると、五節句の中で重陽の節句が一番重要視されていた意味が理解されます。
 重陽の節句の話しで、色々と考えさせられ、面白かったです。ありがとうございました。今後とも楽しみにしています。

Posted by: 幸 | September 10, 2005 at 10:40 PM

ブログのコメントありがとうございます。

菊を見ながら長寿を祈る重陽の節句。勉強になりました。
10月11日には菊の花を愛でながらお茶を楽しみたいと思います。(お酒飲めないもので・・・
)

Posted by: Good Dogのアン | September 11, 2005 at 01:32 PM

現実の生活に追われ(汗)季節を感じていない自分に気づきました(>_<)
我が家の菊もまだまだです。
一杯は、いつもいただいていますが・・・。

Posted by: はち | September 11, 2005 at 03:53 PM

昨日 3人でスパ シーレに行ってきました。
垢すりをしてもらい、
皆さんとってもリラックスして、大喜びでした。
あのリックスルームは1台づつテレビがついて、最高でしたね。やみつきになりそうです。
ありがとうございました。

Posted by: kiiroibara | September 11, 2005 at 07:50 PM

菊を浮かべてお酒を飲むのも
とっても素敵な事ですね。
中国の陽、陰としてたのですね。
なるほど・・・。

Posted by: misaki | September 12, 2005 at 05:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58491/5860945

Listed below are links to weblogs that reference 重陽の節句で不老長寿!?:

« 世界一!?足立美術館のお庭! | Main | 大きい秋見つけた!? »