« April 2006 | Main | June 2006 »

May 28, 2006

トムとジェリー♪

Tomjeli
Tom1_1 Tom2_1 Tom3_1
Tom4 Tom5 Tom6
今年の4月17日で13歳になったトム(向かって右)とジェリー(向かって左)だ。 わたしはこのネコたちと生活するまでペットを飼ったことがなかった。
当時、わたしはお腹に腫瘍が出来て手術し、退院はしたものの微熱が何ヶ月も続いたり、立ちくらみがしたりなど3~4年体調が不調で、そのため家にとじこもりがちになっていた。
そんなとき友達が飼っているネコが子どもを産んだため、その子どもをもらってくれる人がいないかと我家に話をもってきたのだ。

わたしは小さい頃犬に噛まれて以来、犬もネコも苦手だった。なのに・・・ネコを飼うのか・・・と気乗りしなかったが、とりあえず、友人宅へ行ってみた。
そこには手のひらにのるくらいの子猫が2匹。すると、夫が、「二匹しか生まれなかった兄弟をひきさくのはかわいそうだから、一匹も二匹もおなじだから両方もらって帰ろう」ということになり・・・今に至る。

  動物を飼ったことのない私は、ネコの本を何冊も買い勉強した。・・・が、とりあえず、まだ赤ちゃんだから牛乳がいいかなと思って飲ませていたら二日後に下痢になり・・・即病院へ!!
すると「牛乳じゃダメです。ネコ用ミルクにしなさい」と言われたり・・・つめとぎの場所のしつけをしたり・・・そんなこんなでネコと生活をはじめて2週間でなんと、わたしの体重は6キロ減となった。ちょっと心配で病院へいったが、どこも悪くなくストレスからだということに!・・・あれから13年いろんなことがあったけど、今ではネコがいない生活など考えられないくらい、ネコが好きになりました。

トムはどちらかというとネコらしく育ち・・・頭もいいです。でもジェリーは・・・アホで・・甘えん坊です・・・おまけに自分をネコだと思ってないようです・・・

こんなトムとジェリーを「ごーすとさん」に描いてもらいました。最近ココログが重いのと、スクリプトファイルをつけすぎているのか・・ページを表示するのに時間がかかるけど、この間までごーすとさんのミケを借りて浮遊させてましたが、今日よりトムとジェリーのアイコンに変えました♪この浮遊するアイコンが邪魔なときはクリックしてね~静止しますからね~(^^)

この頃はデジカメを持っていなかったので、スキャナで取り込んで使いました。生後4ヶ月から6ヶ月くらいのものです。呉に家を建てて引っ越してくる前に住んでいたところです(^^)

| | Comments (50) | TrackBack (0)

May 20, 2006

楽しいひととき&画像の切り抜き

Suiko3
今月の7日の日曜日、わたしはお茶の研究会というものに出た。京都から家元の代理のような先生が指導に来たのだ。そして指導されるのが私たち。それを150名くらいの先生たちが見守る中で行われる・・私たちが指導される事柄を聞いて見学の先生たちは勉強するのだ・・・

日ごろはあまり真面目にお稽古しない私だが、このたびは・・・久しぶりに本気でお稽古した。たまにはこういう発表の場、研究会の当番に当たったほうが、ふらふらとお稽古している私には刺激になっていいのかもしれない。ゴールデンウィークは私の先生宅へ伺い、特訓してもらっていた・・・(^_^;)

緊張した研究会もひどい失敗もせずに無事に終わり、先生へのお礼を兼ねて研究会に出させてもらった茶友や先輩と一緒に先生と食事をする会を設けたのだ。

わたしの先生は83歳になるが、とても元気できれいな方だ。京都へお供したときなんか、わたしが置いていかれるくらい早く歩く。抹茶をよく飲むせいか?お肌がつやつやで頭も切れる・・・とても80歳代には見えないのである。わたしは24歳のときからお茶を習い始め、今の先生にず~っとついてきた。最近パソコン教室の仕事や家の仕事に力を入れてお茶のことは本気でお稽古してない。でも、高齢になった先生を見ていると、先生が元気な間にしっかり覚えないといけないな~って最近特に感じる。


今回はお料理をすべてエレメンツを使って切り抜いて遊んでみた。背景が1色に近い色のときは、Jidou自動選択ツールで背景を選択し、その後選択範囲を反転すると、きれいに切り抜きができる。

自動選択ツールが使えない場合は、色々部品はあるが、一番お勧めなのがSentaku1多角形選択ツールだ。この多角形選択ツールはワードのフリーフォームの部品と使い方がよく似ている。この部品は直線を引くときに効力を発揮するのだが、まるみのある画像でも大丈夫。はじめは角張った選択になっているが、選択ができたら、メニューバーの「選択範囲」→「選択範囲を変更」→「滑らかに」の順にクリック(数値を大きくすればするほど滑らかになる)していくと角ばった選択範囲が丸みを帯びてくる。 このお料理たちはの何枚かは、多角形選択ツールで選択したあと、「滑らかに」を設定して切り抜いたものだ。 切り抜きが苦手な方は是非試してみてはいかが?・・(^^)

この写真を見て気づいた方がいるかもしれないが・・そうです。あまりにも美味しかったので・・椀物の写真を撮り忘れて食べてしまったドジな私です(^_^;)

| | Comments (38) | TrackBack (0)

May 14, 2006

母の日のプレゼントは!

Seare1 Seare2 Seare3
毎年母の日はお花を贈ることが多かったが、今回は私が毎月遊びに行くお風呂「アジアンスパ シーレ」に母を連れて行くことにした。

母は結構高齢だが、気分がとても若いので何でもわたしと同じことをしたがるので困る(^_^;) シーレはスーパー銭湯のちょっと高級版お風呂屋さんっていうところだ。お風呂やサウナだけでなく、マッサージやエステでリラックスしたり、一人に1台テレビが付いた椅子での休憩したり、リゾートっぽい椅子で横になって映画を見たりなど1日じゅう楽しめるお風呂のテーマパークといった感じだ。

まず、チェックイン?して最初に向かったのが当然お風呂。中でも私は腰の後ろや足の下からバブルが出てくるお風呂がお気に入りだ。立ち仕事をでむくんでしまった足がすっきりと治るからだ。
それから、室内の色んな種類のお風呂や露天風呂(温泉)でゆっくりしたあと、韓国式垢すりで体をみがいてもらった。1年ぶりに来た母からアカが沢山出るのは分かるが、どうして2週間前に垢すりしてもらった私からこんなに垢が出るのか・・・ちょっとショックだった(^_^;)

 垢すりをしてもらって体がすべすべになった私たちは1時間くらいテレビの部屋で休憩をとる。マンゴージュースとホットサンドで少しお腹を満たし、次に行ったのが「植物療法エステヴァータ」というエステサロンだ。冷え性の私たちは迷わずリンパマッサージを選び、しばし極楽のひとときを過ごす。こうして5時間くらいこのシーレの中で遊んでいただろうか。。。が、あっという間の5時間だった。

 毎月行くシーレだが、きれいになろうと思って行っているのではなく、ストレス解消のひとつ、気分転換のひとつとして同僚と遊びに行っている。それに毎日頑張っている自分へのご褒美として行っているお風呂だ。だが、夫には「おまえはのん気でいいなあ~」と言われてしまっている(^_^;)

下の写真は我家の庭に咲いている花たちだ。今がちょうど花盛りだ。弁天様・・お嫁に来ました♪
※写真はいきなりクリックしないでひと呼吸おいてからクリックしてね・・言葉が出るよ
Ajisai Atutusakura Viora
Nousuboul Safinia Tessen
Siran Taiturisou
Miyakowasure Suzuran Kodemari

| | Comments (37) | TrackBack (1)

May 05, 2006

呉市散策・・光と影

Photo
Photo_1 Photo_2 Photo_3
Photo_4 Photo_5
5月の連休になると美しく変身するのが、私の住む街、呉市にある音戸の瀬戸公園だ。
ここは平清盛が西に沈む夕日を金の扇で、招きかえし、流れが急で有名な音戸の瀬戸を1日で切り開いたという伝説があるところだ。ちょうど今が8300本の平戸つつじで満開になる。そして音戸の瀬戸にかかる赤い橋は音戸大橋。1000トン級の船舶が行き来できるように、螺旋道路やループ道路がとりつけられ、橋の位置はかなり高いところにある。車で道路を走るときには目を回さないように運転する必要がある(^^)

平清盛の日招きの像の下には、旧火薬庫や砲台の跡があり、軍港の名残を感じさせる。わが町は軍港で栄えた町なのだ。呉の歴史を知るためには海事博物館である大和ミュージアムに行くといいだろう。
このミュージアムには、10分の1に縮小された戦艦大和やゼロ戦、人間魚雷の回天などが置いてある。
それらの展示を見ると心が痛む。 ただ、戦艦大和の造船技術が世界一の大型タンカーの製造だけでなく、自動車や家電製品など幅広く応用されて戦後の日本の復興につながってきたということも忘れてはいけない。そしてそのことがわたしには少し救いのように思える。

今は引退しているが、私の父も造船に携わり、運輸大臣賞をもらうほどの職人だった。呉には高度な技術をもったエンジニアや船大工がたくさんいる。その技術を後世に伝え、呉の発展、日本の発展に貢献してもらいたいと思う。大和ミュージアムにはこうした優れた技術が現在、どういかされているのかという展示もしてあり、造船技術の体験コーナーもある。
挑戦してみると「へぇ」~って感心することや「なるほど~」っと納得することが沢山あり、父の仕事のことをさっぱり理解していなかった私にはとても面白く勉強になったコーナーだった。(^^)

| | Comments (38) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »