« December 2009 | Main | February 2010 »

January 30, 2010

呉が町ぐるみで取り組む減塩ランチメニュー!

Haigamine_2  先日、朝日放送の「たけしのみんなの家庭の医学」という番組で、私のかかりつけ医である日下美穂先生が出演した。呉市が町ぐるみで減塩メニューに取り組んでいることや魔法の塩の作り方などが紹介されていた。

 減塩メニューを出している呉市内のいろいろなレストランが掲載されているチラシをもらってはいたものの、自分が高血圧ではないので実際食べたことがなかったが、テレビを見ていて食べて回りたくなった。それに行き着けの店もその中に何件か入っている。

私の血圧は安静時、上がおおむね90代で、どちらかというと血圧は低いが、両親はそろって高血圧の治療中だ。なので将来、いきなり高血圧になるという可能性は高い。

魔法の塩というのは、塩分のかわりに、旨みや後味にインパクトを持たせた塩を作り、料理に利用するというものだった。

和風料理に使う塩:こんぶ9g、鰹節6g、干ししいたけ2g

洋食料理に使う塩:ローズマリー8g、黒こしょう8g

中華料理に使う塩:干しえび7g、干ししいたけ3g

以上をそれぞれ50グラムの塩をミルミキサーでまぜる

ま、いずれにしても生活習慣病には気をつけたいものです。寒くなってからはウォーキングもさぼりがちになっている私ですが、みなさんは何か健康に気をつけていることはありますか?

| | Comments (20) | TrackBack (0)

January 24, 2010

ジェリーのお気に入り♪

Jerry

ベッドに腰掛けると、「ンニャッ」と声が!! 

そ~っとベッドスプレッドの中をのぞいてみるとジェリーが寝ていた。冬になってからというもの、気をつけていないとベッドスプレッドや布団の中にもぐりこんでいることが多く、ふみつぶしかけたことが何度かある。どうやってこのベッドスプレッドへ入っていくのか、不思議だ。頭を無理やりねじこんでくるのかなあ。

ジェリーのお気に入りの場所は、このベッドスプレッドの他に、ネコの定番中の定番である陽のあたる縁側のさぶとんの上とこたつの中だ。そして、夜はわたしと一緒に寝ている。このネコは、17歳9ヶ月(人間でいうと86歳かな)、目が溶けるんじゃないかとおもうほど寝てばかりだ。きっと春になって虫が出てくるまではこんな調子なんだろうなあ。。。

ちなみに、冬場はボ~ッとしているように思えるジェリーだが、春や夏になり、バッタや蝉が出てくると捕まえては食べ、走り回るようになり、急にネコらしくなるのだ。

そんなジェリーもトムが一昨年の夏に☆になってからというもの、ときたま悲しそうな声で鳴くときがあり、トムを探しているように思う。。特にトムがよくいた場所で鳴いている。ジェリーもわたしも寂しくなった。

Jerry1_011

追記:全国都道府県対抗男子駅伝、兵庫・福島の一位争いが面白かった。わが広島県は4位・・惜しかったなあ。。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

January 11, 2010

初釜へGO!

Hanabira01 久しぶりに着物を着て初釜へ行ってきた。1年ぶりの着物の着付けに少々手間取る(^_^;)

初釜と言えば、必ず付き物なのが花びら餅だ。この花びら餅、色々な説があるようだが宮中の雑煮が変化?して出来たお菓子らしい。

昔(平安時代or室町時代)は、白いお餅を丸く伸ばした中に、紅い菱餅を乗せ、その上に押し鮎や白味噌を乗せ、焼いて食べていたそうだ。  それが、今では押し鮎がゴボウになり、白味噌が白味噌が入った餡?と紅色の餡?になり、餅が求肥になり、今のお菓子になったようだ。

Hatugama02 ところで雑煮と言えば、地方や家庭で色々な雑煮があり面白い。我家ではブリ雑煮を食べる。すまし汁に青菜や大根、焼いて砂糖・みりん・しょうゆで照り焼きしたブリ、牡蠣を入れ、焼いた丸餅を入れて食べる。牡蠣は「福をかきよせる」として縁起をかつぎ、ブリは出世魚としてこれまた縁起がつぎだ。

これに比べ、主人の実家ではすまし汁に餡餅を入れる。さらに、義姉の実家である松江(出雲地方)では、ぜんざいが雑煮となっている。いまではぜんざいを食べる家庭が多いが、昔は、すまし汁に煮た小豆をのせ、食べるときに砂糖をかけて食べる小豆雑煮が本当の食べ方だったとか。

みなさんのご家庭ではどんなお雑煮を食べていますか!?

Hatugama_016

| | Comments (25) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »