August 02, 2010

暑さの中にも楽しさ

Tarsya_007 Tarsha_009   

先日、パソコン教室の生徒さん7名と近くのカフェに食事に行ってきました。このお店は2年前までは飲み物とケーキしかなかったのですが、最近はお昼も食べられるようになりました。店の名前が「気ままなターシャ」というだけあって、庭がお花(バラやサフィニア)でいっぱいできれいでした。。でも、食べるのに忙しく?お庭の写真が1枚もありません。

久しぶりにお会いした生徒さんは、みなさん変わらずハツラツしておられ、おしゃべりに花も咲き、楽しい時間を過ごすことができました。このお店はコーヒーが美味しいのにもかかわらず、4種類の紅茶を注文してしまい、みんなで少しずつ味見しました。ケーキもナイフを借りて切って分けあい、みんなで少しずつ色んな種類を食べ、賑やかなお茶と食事会となりました。教室をやめて丸2年経ちますが、こうして私のことを忘れないで誘ってくださりとても嬉しかったです。

Yuri_006_4Yuri_005 

家では今年もコンカドール(黄色カサブランカ)が咲きました。花の高さが145センチにもなり、とっても大きく成長しました。しばらく玄関の中がいい香りです。

Jerry_002 ジェリーはというと、毎日蝉の番をしています。枇杷や松、桜の木に蝉が止まるので、その蝉をねらっているのです。年のせいか、昔は木に登っていましたが、今ではこんな感じです(^_^;) それでも毎日一匹は捕まえることができ、捕まえた蝉はただ遊ぶだけでなく食べるんです・・・・ちょっと凶暴?だけどネコらしいジェリーです。

| | Comments (26) | TrackBack (0)

January 24, 2010

ジェリーのお気に入り♪

Jerry

ベッドに腰掛けると、「ンニャッ」と声が!! 

そ~っとベッドスプレッドの中をのぞいてみるとジェリーが寝ていた。冬になってからというもの、気をつけていないとベッドスプレッドや布団の中にもぐりこんでいることが多く、ふみつぶしかけたことが何度かある。どうやってこのベッドスプレッドへ入っていくのか、不思議だ。頭を無理やりねじこんでくるのかなあ。

ジェリーのお気に入りの場所は、このベッドスプレッドの他に、ネコの定番中の定番である陽のあたる縁側のさぶとんの上とこたつの中だ。そして、夜はわたしと一緒に寝ている。このネコは、17歳9ヶ月(人間でいうと86歳かな)、目が溶けるんじゃないかとおもうほど寝てばかりだ。きっと春になって虫が出てくるまではこんな調子なんだろうなあ。。。

ちなみに、冬場はボ~ッとしているように思えるジェリーだが、春や夏になり、バッタや蝉が出てくると捕まえては食べ、走り回るようになり、急にネコらしくなるのだ。

そんなジェリーもトムが一昨年の夏に☆になってからというもの、ときたま悲しそうな声で鳴くときがあり、トムを探しているように思う。。特にトムがよくいた場所で鳴いている。ジェリーもわたしも寂しくなった。

Jerry1_011

追記:全国都道府県対抗男子駅伝、兵庫・福島の一位争いが面白かった。わが広島県は4位・・惜しかったなあ。。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

May 28, 2006

トムとジェリー♪

Tomjeli
Tom1_1 Tom2_1 Tom3_1
Tom4 Tom5 Tom6
今年の4月17日で13歳になったトム(向かって右)とジェリー(向かって左)だ。 わたしはこのネコたちと生活するまでペットを飼ったことがなかった。
当時、わたしはお腹に腫瘍が出来て手術し、退院はしたものの微熱が何ヶ月も続いたり、立ちくらみがしたりなど3~4年体調が不調で、そのため家にとじこもりがちになっていた。
そんなとき友達が飼っているネコが子どもを産んだため、その子どもをもらってくれる人がいないかと我家に話をもってきたのだ。

わたしは小さい頃犬に噛まれて以来、犬もネコも苦手だった。なのに・・・ネコを飼うのか・・・と気乗りしなかったが、とりあえず、友人宅へ行ってみた。
そこには手のひらにのるくらいの子猫が2匹。すると、夫が、「二匹しか生まれなかった兄弟をひきさくのはかわいそうだから、一匹も二匹もおなじだから両方もらって帰ろう」ということになり・・・今に至る。

  動物を飼ったことのない私は、ネコの本を何冊も買い勉強した。・・・が、とりあえず、まだ赤ちゃんだから牛乳がいいかなと思って飲ませていたら二日後に下痢になり・・・即病院へ!!
すると「牛乳じゃダメです。ネコ用ミルクにしなさい」と言われたり・・・つめとぎの場所のしつけをしたり・・・そんなこんなでネコと生活をはじめて2週間でなんと、わたしの体重は6キロ減となった。ちょっと心配で病院へいったが、どこも悪くなくストレスからだということに!・・・あれから13年いろんなことがあったけど、今ではネコがいない生活など考えられないくらい、ネコが好きになりました。

トムはどちらかというとネコらしく育ち・・・頭もいいです。でもジェリーは・・・アホで・・甘えん坊です・・・おまけに自分をネコだと思ってないようです・・・

こんなトムとジェリーを「ごーすとさん」に描いてもらいました。最近ココログが重いのと、スクリプトファイルをつけすぎているのか・・ページを表示するのに時間がかかるけど、この間までごーすとさんのミケを借りて浮遊させてましたが、今日よりトムとジェリーのアイコンに変えました♪この浮遊するアイコンが邪魔なときはクリックしてね~静止しますからね~(^^)

この頃はデジカメを持っていなかったので、スキャナで取り込んで使いました。生後4ヶ月から6ヶ月くらいのものです。呉に家を建てて引っ越してくる前に住んでいたところです(^^)

| | Comments (50) | TrackBack (0)

February 08, 2006

トムとジェリーの今

tom2

現在、我家のネコたち(向かって左がトム、右はジェリー)は今年の4月17日で満14歳を迎えるおじいさまとおばあさまだ・・(^_^;) 前の記事に書いたようにトムは3年前より癌になり2度の大手術をし・・・その後いろいろあって現在は小康状態を保っている。2度目の摘出手術をしたのは良いのだが、もうつなぎあわせるだけの皮膚が残っておらず、生身が見えた状態のため、エリザベスカラーをつけた生活がもう半年くらいになるだろうか・・だがなぜか化膿しない・・元気な頃よりは痩せてはいるが食欲もある。体のあちこちに転移がみられるものの、今のところ、癌とうまく?共同生活を続けている状態だ。高齢ということもあり、消極的治療しかしないことにしているし、癌の進行も遅くなっているようだ。いつまでこのような微妙な状態が続くのかわからないが、いつまでもこの微妙さを保ちたいと願っている。

で、ジェリーのほうは風邪ひとつひかず元気だ。このネコたちは同じ親から同時に生まれてきたいわば兄弟だ。普通ネコは子どもを4・5匹産むものだが、トムとジェリーのお母さんはこの2匹しか生まなかったため、友人からこのネコたちをもらうとき2匹を引き離すのは可愛そうな気がしたので、一緒にもらい14年一緒生活を共にしているいわば家族だ。この家族のおかげで、仕事が忙しいときもいやな思いをしたときも、たまに夫とケンカしたときも癒されてきた。生きているものは必ずいつかは死ぬときがやってくるとは分かってはいるが・・・いつまでも生きてて欲しいものだと思っている子供?のような考えの私です(^_^;)

| | Comments (34) | TrackBack (0)

November 29, 2005

ジェリーのお気に入り♪

jerry1

私が仕事に行くときは、安全の為に、ホットカーペットもエアコンもぜ~んぶ切っていきます。夏場だとネコ用のベッドや涼しい場所でお昼ねしてるのだけど、だんだん寒くなってくると決まって私のベッドスプレッドと掛け布団の間に上手に入ってお昼寝しています・・・ベッドカバーが少しこんもり盛り上がっているのがわかりますか? ジェリーのおかげで?わたしは、寝具の掃除と洗濯がとっても大変になります・・・(^_^;)

jerry2

ベッドスプレッドをはぐってみるとこんな感じで寝ています(ーー;)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 19, 2005

癌と戦うネコ、トムⅡ

桜さんをはじめ、タグフレのトムを応援してくださっているみなさんがトムに会いたい・・・って言ってくださるので、1年半くらい前の頃の動画データが出てきたから貼り付けてみた。抗がん剤の治療をしている頃なので、顔つきがきついです。洗濯物をたたみながらトムと遊んでいる親ばか・・・いえ、ネコ馬鹿ぶりを発揮?しているのでとても恥ずかしいのですが・・・このネコが癌と戦っているトムです。前に書いたとおり、現在は抗がん剤治療はしていないので、カラーをつけてはいるけど、表情は優しいですよ。あとは人口皮膚がくっつけばいいんですけどね・・・でも、最近徐々に痩せてきています・・・

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 05, 2005

遊びましょ~♪

jerry

私がパソコンの前で仕事を始め出すと必ずどこからともなくやってきて、キーボードの前にど~んと鎮座し、毛づくろいをしたり、ゴロゴロ言いながら寝転がって仕事の邪魔をします。そんなジェリーを無視して仕事をずっと続けていくと、「ね~こっち見てよ~~!!!」って感じで手をわたしの肩にかけてきます。仕事や病気のトムばかりかまっているので、ついつい元気なジェリーのほうに目を向けることが最近少ないので、きっとそれがわかっているのだと思います・・・トムのほうはというと、7月に右足にできた腫瘍を切除したのはいいのですが、足の皮膚がとても薄く、また回復力が低下しているためか傷口がふさがらない状態が2ヶ月続き、人口皮膚を縫い付けることになり、昨日無事終わりました。トムのほうは写真で公開するには可愛そう過ぎるので今回はトムの子供のときの写真をアップしますね。トムのカラーがはずれるようになったらときは公開したいと思います。そんな日がくればいいなって願っています。

tom4

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 12, 2005

癌と共存するネコ(トム)

平成4年6月にネコ二匹を以前勤めていた同僚からもらってきた、オスのトムとメスのジェリー。ともに平成4年4月17日生。このネコたちとは長い付き合いで家族同然に共に生活してきました。平成14年トムに癌があること(リンパ腫瘍)がわかり、胸からお腹にかけてできていた腫瘍を取り除く手術をし、その後抗がん剤の投与を受け癌と戦ってきました。抗がん剤治療の3回目を受けたのち、まったく食事を受け付けなくなり、1ヶ月自分からは食事ができない状態となりました。その間、毎日動物病院へ通い点滴を受け命をつないでいました。家ではビタミンが入った高カロリーのミルクをスポイトで5ミリ飲めるか飲めないかの日々でしたが、1ヶ月経過したある日、妹が買ってきたマグロブシに興味?を持ち始め、食べたいのだけど、においをかぐと吐きそうになるという状態を何度か繰り返したのち、少しずつマグロブシが食べれるようになり、それからどんどん食欲が回復し現在に至っています。一時は6キロあった(トムは大きい猫なんです)のが3.5キロまで減り、やつれていましたが、今は5、6キロまでに戻っています。

トムの抗がん剤の治療を行うにあたり、何もせずに民間療法?や痛み止めのみで自然にという消極的治療考えの私と、できる治療はすべてするという積極的治療を進める考えの主人とでまっこうから意見がぶつかりケンカもしました。

現在のがん治療は10年前の治療と比べ、はるかに進んでいるとは思いますが、実際に病気と戦っている方の苦しみと遭遇し、抗がん剤治療にひどく抵抗があるのです。癌の種類やできた場所、早期発見などでいろいろ違うということは頭の中ではわかっていますが、心の中では大きい抵抗があります。

話を戻して、その後トムの抗がん剤治療は打ち切りとなり、主人も弱わり苦しんでいる姿を見て、なにも言わなくなり、抗がん剤治療を止めて、サンクロレラのアガリクスの粉をぬるま湯で溶いたものをスポイトで飲ませ、なんとか3年近く癌と共存してきました。

が、現在、手術で取りきれなかった癌細胞が足のリンパに転移して暴れ出し、今日手術に病院へ行っています。これから先は非常に不安ですが、1日でも長くネコらしく生活ができるように願うばかりです。きっとこれからさき、トムの病状が次第に悪くなっていったとき、また主人と命の尊厳というか最後まで戦うかどうかでまた意見がぶつかりそうです。が、ふたりともトムにできるだけのことはしてやりたいと思ってはいるのです。

平成4年5月(後ろがトム)

tom2

平成16年1月(前にいるのがトム)

tom3

 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 30, 2005

トムとジェリー

我が家の住人を紹介します。

平成4年4月17日生まれのトムとジェリー。

人間でいうと72歳のおじいさまとおばあさまですが、ジェリーの方は年齢を感じさせないくらいちょこまかと動き回り元気です。トムは残念ながら2年前から癌になってしまい現在ネコらしく生活はしているものの少しずつ悪くなってきています。

黒っぽいほうがジェリーです。

tomjerry

jerry

| | Comments (2) | TrackBack (0)