September 16, 2005

大きい秋見つけた!?

kenun

今日はトムを(我家のネコ)を病院へ連れて行ったところ、とても混んでいて駐車場が満員だったため、病院から少し離れた第2駐車場へ車を止め、トムを抱いて歩いた。病院まで短い距離だったが大きな?秋を2つ見つけた。

トムを抱き上げふっと空を見上げてみると神様が竹ぼうきで掃いたような雲が出ていた。この雲は秋に良く見られる雲のひとつで巻雲(絹雲:けんうん)と言います。巻雲は高度5~13km程度という、雲の中では最も高度が高く、気温の低い場所に現れる雲で、水滴ではなく氷の粒でできています。つまりこの雲が見えるということは空が高いということになるのです。また、雲の一端が巻いていることが多です。そこから巻雲という名前がついたのかもしれませんね。もう少し空気が冷たくなるともっときれいな巻雲が見られると思いますよ。

minori

もうひとつの大きな秋は「みのりの秋」!団地の真ん中にまだこんな場所が残っているんです。黄金色に色づきはじめている稲穂たちです。もう少しすると収穫かなあ・・・普段は車で移動するためゆっくり歩くことが少なくなってきました。これからも家事や仕事に追われていても、たまには立ち止まって、空を見上げたり足元に目をやってみたりなどちょっとした心のゆとりのようなものを持ちたいものです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)