June 18, 2012

減塩サミット2012in呉

Dscn2366
先月26日のことでしたが、呉市が街ぐるみで行っている減塩のイベントがありました。この度は世界的に有名な循環器科の医師や各地の循環器科の医師や栄養士など、専門的な方が多く参加されたようで、マスコミも沢山来ていました。また、一般の人向けには、味噌汁味比べ(塩辛さ比べ)や、減塩屋台コーナーや減塩グッズが並び、小さな町にしては、結構な賑わいで楽しいお祭り感覚のイベントだったように思います。

私(わたしは両親に似ず、低血圧)も、高血圧である両親を連れて、会場へ行ってきました。会場は、戦艦大和が展示してある大和ミュージアムで行われました。(講義や講座は阪急ホテルで開催)

減塩屋台には、ラーメン、カレー、お好み焼き、パスタなど色々あり、食べ、食べきれないものはテイクアウトし、ほとんどすべての屋台を制覇しました。ラーメンやお好み焼きは、これが減塩なのかと思うほどしっかり味がついてあり、自然のうまみを利用すると、塩分が低くても気にならないものだと思いました。パスタやピザ、カレーはちょっと物足らず、カレーについているナンは、油っ気も塩っ気もなく。。。微妙でした。1日6グラムを目標にしようと思うと結構きついと感じました。

写真にある「減塩サミット」と書いてある青色のチラシの向かって右側のグッズは、無料で頂いたもの、左は購入したものです。

ちなみに、塩分検査をしてもらったところ、普段塩辛いものは多く食べていないと思っていた私の一日の塩分摂取量は9.9グラムでした。。。結構塩分を摂っているのに驚きです。(日本人の平均は11グラムだそうです。)たまに塩分が多いのは問題なのでしょうが、これが何十年も続くと、やはり高血圧の原因になり、脳梗塞、心筋梗塞などにつながっていくのでしょうね~低血圧なので、今まで気にもとめていませんでしたが、会場で色々説明を聞き、勉強になった一日でした。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 26, 2005

爽やか!へちまスリッパ!

hetima

この夏、同僚に薦められて「へちまスリッパ」なるものを買ってみた。今までは、突起状のものが沢山付いた健康サンダルやイグサのスリッパを履いていたが、やはり夏場は蒸れてくるな~と感じていた。が、この夏は「へちまスリッパ」のおかげで蒸れ知らず!!いつもサラサラ爽快です。1度履いたらもう手放せないという感じです。足に当たる部分がヘチマになっており、スリッパの底はゴム、ほかはパイル地でできており、洗濯もOK。洗濯するとヘチマが膨らんでふんわりするのでとても気持ちが良いです。また、軽量なのでずっと履いて部屋中を歩いていてもまったく疲れません。履いたことのない方はいちど試してみるとよいですよ(^^)

ヘチマはウリ科で、熱帯アジア原産の一年草です。日本には江戸時代の初めに渡来し日本国内で広く栽培されるようになりました。夏から秋にかけて黄色い花を咲かせ、実は熟すと網状の繊維が発達してきます。茎から液をとってヘチマ化粧水や咳止めの薬として使います。ヘチマの効用としては、熱を除く・痰を切る・解毒・利尿・腫れ、痛みをとって皮膚病を治すなどがあげられます。そして、熟した実はご存知のとおり、タワシやタオル、スリッパになり捨てるところがない植物ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 05, 2005

むかで油は!!!

この時期になるとグロテスクで見るからに恐ろしいムカデが我家にやってきます。今のところ訪問してきませんが、突如としてやってくるから恐怖です。いつだったか、お風呂の桶を持ち、お湯を汲んで体にかけたところ、ムカデが降ってきたことがあり、「ひゃ~!きゃ~!」と近所じゅうに聞こえるくらい叫んだこともあります(^^)

が、このグロテスクで毒を持つムカデは強力な薬になるのです。我家ではわたしがいるのでしませんが、主人の友人に東洋医学の先生がおり、そこへ我家に現れたムカデを生きたまま捕まえてその先生のところへ持って行くのです。

大きなムカデを2匹と国産純正のごま油1.5カップに生きたままつけ、2週間後から外用として使うことができます。中耳炎など耳の症状には耳の穴に1~2滴落としたあと、脱脂綿でフタをしておくといいそうです。

わたしの場合はブヨ(ブトともいう)に刺されたときに使います。最初はムカデの液?が溶け出たものかと思うとちょっと気持ち悪い感じがしましたが、刺されたところに塗るといつもだったらものすごく腫れるのに、むかで油を塗ると腫れが小さく早くよくなるので、虫刺されのときによく使います。

mukadeabura ムカデの写真を撮ることじたい恐怖なので、できあがったムカデ油の写真を公開しますね。

2年前まではムカデがたくさん我家に出没してました。ムカデがこないように殺虫剤を家の周囲に撒きたいのですが、ネコがいるためそれもできず、昨年から木酢液を原液のまま4・5日に一度撒くようにしてます。それが利いているのか、それともムカデが不作?なのか昨年はあまり姿を見ませんでした。今年はまだ1度も見ておりません。私としては東洋医学の先生のところへのお土産がなくなってもいいから、ムカデさんの訪問はおことわりしたいものです。

むかで油の薬効:中耳炎・外耳炎・内耳炎・毒虫の害(むかで・毛虫・ハチなど)・傷・腫れ物・ヘルペス・にきびなど

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 29, 2005

カワラヨモギで肝臓元気!Ⅱ

kawarayomogi3 カワラヨモギは名前のとおり、川岸や海岸の乾いた砂地に生育しており、肥えた土には生えておりません。花がつく茎とつかない茎とがあり、つかない茎はコスモスのような細い葉になってます。花がつくほうも、ふつうのヨモギとはちょっと違っています。花は9月~10月に咲きます。

kawarayomogi4 花が咲いた頃(9月~10月)、十分穂が熟したときに採り、きれいに洗って陰干しにし、しっかり乾かします。花がドライフラワーのように乾いたら、穂の部分を取ります。穂を取ったあとの枝や茎はエグ味が出るので、一度煎じてから使います。

kawarayomogi5 一般健康茶:1.8Lの水に大さじ4杯の穂の粒をいれ、沸騰したら弱火で15分煮ます。

養生茶:1Lの水に大さじ3杯入れ、沸騰したら弱火で20分煎じます。

健康回復(重い症状の場合):5カップの水に大さじ3杯入れ、3カップになるまで煎じます。

薬効・薬理

肝臓・黄だん(特効あり)・酒毒・目やに・むくみ・浮腫・消炎・解熱・利尿・駆虫・利胆・保湿・皮膚疾患・筋肉痛など

成分

全草に精油0.23%を含む。主成分としてβピネン・カピロン・カピリン・キャピラリシンなど

このカワラヨモギは多くの人の目に触れながら気づかれていない植物だと思います。お酒が大好きで沢山飲む方や、肝臓が弱い方などはお奨めの薬草ではないでしょうか。

《企業での使用例》

㈱ツムラの「新タイプ癒し系夏のボディーソープ」

アルボース石鹸 薬用ボディーソープ「かわらよもぎ」

ローソン 食品の腐敗や変敗を抑制・防止するための保存料としてカピリンを主成分として使用

ご利用にあたっては、常用されている薬や症状を医師・漢方薬医に相談のうえで使ってくださいね。お酒の大好きな我家の大黒柱さんにはあっているみたいで、カワラヨモギ茶を飲んでいる(一般健康茶の分量)ときは、肝臓の数値が平常になってます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 26, 2005

カワラヨモギで肝臓元気!

我家の大黒柱?さんは、身長178センチ、体重88キロ(たぶん)あり、人間ドックの結果もいつも脂肪肝と書かれており、血液検査のGOT、GTP、ガンマGTPの値がいつも標準値より高い。そのくせお酒の量を減らせない。結婚した当初は体重は74キロだったのに・・・親戚からは私のお料理が上手だから体重が増えていったのね~・・・と言われる始末。そんなとき、義父がよく愛飲していた「かわらよもぎ茶」が肝臓にいいらしいということを知りました。

kawarayomogi2 だけど、かわらよもぎが体にいいと分かってはいても廿日市市や安佐北区の河原まで取りに行かないと手に入らず、遠いからなかなか行く機会がなかった。そんなとき、我家の近くにスーパーができることになり、その場所を整地するときに業者がどこからかもってきた砂が川砂だったらしくそこからなんとカワラヨモギがたくさん生えてきたのです。そのカワラノモギの花穂がつくのを待って収穫?に行きました。おかげで1年分のカワラヨモギ茶を作ることができたのです!

が、今はスーパーや酒屋やファッションセンターなどが立ち並びカワラヨモギはなくなってしまい、カワラヨモギを採りに廿日市まで行くようになりました。ですが、スーパーが建つ前にたくさんあったカワラヨモギを少し我家の裏庭に植えたものが毎年穂をつけるので、1か月分のカワラヨモギ茶くらいは自給自足できてますよ(^^)

カワラヨモギの薬効やお茶の作り方は次回に書きますね。(写真は四季の山野草さんより)

| | Comments (1) | TrackBack (0)